PR
PR

道内、強風と大雨 交通乱れイベント中止も

[PR]

 前線を伴った低気圧が接近した影響で、道内は16日、広い範囲で強風や大雨に見舞われた。交通機関が乱れ、イベントの中止も相次いだ。17日も荒天が続くと予想され、札幌管区気象台は土砂災害や河川の増水への注意を呼び掛けている。

 気象台によると、16日午後9時までの最大瞬間風速は渡島管内松前町で29・2メートル、日高管内浦河町で26・9メートル、旭川市で21・6メートルを観測。このうち旭川市の集合住宅では強風で看板が落下した。同日午後8時までの24時間降水量は十勝管内広尾町で83・5ミリ、日高管内えりも町目黒で75・5ミリ、根室管内標津町糸櫛別(いとくしべつ)で72ミリなど。

 JR北海道は16日、札幌―釧路間の特急4本を運休し、約千人に影響が出た。新千歳空港では利尻、青森、関空と結ぶ計8便が欠航。苫小牧発着のフェリーは15~17日にかけ、名古屋などと結ぶ計9便が欠航した。

 荒れ模様の天気は各地のイベントにも影響。帯広市では16日、例年約1万人が訪れる「第39回八千代牧場まつり」が中止となり、名寄市や根室管内羅臼町でも屋外での催しが取りやめとなった。

 道内は17日も荒天が続き、気象台は強風や大雨への警戒を呼び掛けている。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る