PR
PR

巨大フキ青々 釧路・音別で収穫始まる 16日に蕗まつり

 釧路市音別町で特産のフキの収穫が始まった。畑には人の背丈を超えるほどに青々と伸びたフキが密生し、11日も鎌で刈り取る作業が行われた。新鮮な生フキは16日に同町で開かれる「2019北のビーナス蕗(ふき)まつり」(おんべつ振興協会主催)でも販売される。

 フキを栽培する一般社団法人「音別ふき蕗団」は10日に中音別の1・3ヘクタールの畑で収穫を始めた。11日も午前10時から午後2時すぎにかけて8人が作業に当たり、高さ2メートル、直径7センチほどに育ったフキを次々と鎌で刈り取り収穫。根元の切り口からフキの中をのぞき込み、虫食いや傷みがないかを丁寧に確認していた。

残り:248文字/全文:528文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る