PR
PR

初夏の旭川彩る大行進 3600人、演奏軽快

 初夏の旭川を音楽で彩る「第87回北海道音楽大行進」(旭川市、旭川地区吹奏楽連盟、北海道新聞旭川支社などでつくる実行委主催)が8日、旭川市中心部で開かれた。道内各地から88団体、約3600人が参加。軽快な演奏に沿道の約14万3千人から大きな拍手が送られた。

 開会式に続き、色とりどりの衣装を身につけた幼稚園児、小中高校生、社会人の楽団がJR旭川駅近くまで行進。ラテンの名曲「エル・クンバンチェロ」や音楽ユニット「ドリームズ・カム・トゥルー」の「あなたとトゥラッタッタ♪」などの曲を元気よく演奏した。

 旭川市内の小学校3校の合同チームとして出場した忠和小6年の木村凜(りん)さんはドラムメジャー(指揮者)を担当。「三つの学校の音色をそろえるのは難しかったけれど、小学校最後の大行進をミスなく終えられてよかったです」と話していた。(武藤里美)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る