PR
PR

通告3度 児相「認識甘く」 かれた泣き声毎日 札幌女児衰弱死

 幼い子どもの命は、また守られなかった。札幌市の池田詩梨(ことり)ちゃん(2)が死亡し、傷害容疑で母親の池田莉菜(りな)容疑者(21)と母親の交際相手の藤原一弥容疑者(24)が逮捕された事件で、札幌市児童相談所や道警は、近隣住民らから、複数の虐待情報が寄せられていたが、虐待を見抜けなかった。安否確認ルールも徹底されておらず、関係機関の認識の甘さが浮き彫りになった。

 「同じマンションの子どもの泣き声が、普通じゃないんです」。4月5日、池田容疑者宅の上の階に住む会社員の30代女性は、札幌市児童相談所に電話をかけた。この日、午前7時から午前11時まで4時間近く、下の階から子どもの泣き声が止まらなかった。「さすがにおかしい」と思った。

残り:1292文字/全文:1609文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る