PR
PR

知床のシマフクロウ 流氷に乗って国後へ? 根室海峡横断を初確認

 北方領土・国後島北部の「クリリスキー国立自然保護区」で、知床地域で足環(あしわ)を付けられたシマフクロウが見つかった。根室海峡の横断が確認されたのは初めて。シマフクロウは1~2キロ以上飛び続けることができないため、流氷に乗って同島に到達したとみられる。専門家は「個体の交流によって遺伝的多様性が高まり、種の安定につながる」と期待する。

 シマフクロウは道東地域を中心に生息。2017年度の生息数は165羽ほどが確認され、環境省の絶滅危惧種リスト(レッドリスト)で「ごく近い将来に野生絶滅の危険性が高い」とする「絶滅危惧1A類」に指定されている。同省は保護事業の一環として1985年からこれまでに、幼鳥計556羽に個体識別番号の付いた足環を装着している。

残り:370文字/全文:696文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る