PR
PR

「かにめし」30分で完売 遠軽 石北線 今年も車内販売

 【遠軽】JR石北線(新旭川―網走)の利用促進を図ろうと、オホーツク圏活性化期成会の石北線部会は1日、特急列車での車内販売をスタートした。沿線自治体が持ち回りで販売を担当し、初日のこの日は遠軽町が実施した。

 JR石北線の車内販売は、2015年3月末で終了したが、同部会が17年12月に土日と祝日限定で再開させ、今年で3年目。6月は遠軽町のほか、北見市、網走市、大空町が計10日間行う。

 この日は遠軽町、遠軽商工会議所、町観光協会の職員計5人が、特急大雪2号の遠軽―旭川間、特急大雪1号の上川―遠軽間で地元の特産品のほか、焼きたてのパンやコーヒーを販売した。中でも遠軽町が今回新たに用意した「遠軽かにめし」は30分程度で完売する人気ぶりだった。

残り:142文字/全文:463文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る