PR
PR

北方担当相が丸山穂高氏を批判 「不見識極まりない」

 宮腰光寛沖縄北方担当相は27日、丸山穂高衆院議員が北方領土問題について元島民に対し「戦争をしないとどうしようもなくないか」などと発言したことについて、「不見識きわまりない事案が発生し、関係者に多大なご迷惑とご心配をかけることになった。誠に遺憾だ」と批判した。

 札幌市中央区で開かれた千島歯舞諸島居住者連盟の本年度通常総会のあいさつで述べた。宮腰氏はさらに「(ビザなし渡航)事業の趣旨、目的に反することはもとより、多くの方々の思いにも反する」と強調。その後、記者団にも「国会などいろんなところで、ちゃんとやってもらい、二度とあのような発言がないようにしてもらいたい」と話した。

 鈴木直道知事も総会あいさつで、「国会議員の極めて不適切な発言や行動があったことは、大変残念な思いだ」と述べた。(中村征太郎)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る