PR
PR

青函の特産品、上野駅で人気 道南2市1町などPR

 青函の観光をPRし、特産品を販売する「青森・函館産直市」が23~25日の3日間、東京都内のJR上野駅中央改札口外グランドコンコースで開かれた。3日間で約5500人がブースで買い物を楽しんだ。

 7月から始まる「青森県・函館観光キャンペーン」に先立ち、JR東日本が実施。函館、北斗、七飯の2市1町や渡島総合振興局、檜山振興局も参加した。

 PRブースでは職員が観光パンフレットを配り、北海道への交通手段や道南の移動手段、各地の名所を説明した。販売ブースは両地域から9社が出店。道南からはトラピスト修道院のクッキーやコアップガラナ、水産加工品などが並んだ。

残り:87文字/全文:362文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る