PR
PR

「コキン」嫁入り元気でね 釧路市動物園のレッサーパンダ

 釧路市動物園で26日、同園の人気者、レッサーパンダ「コキン」(雌、1歳)のお別れ会が開かれた。コキンは繁殖のため、27日に横浜・八景島シーパラダイス(横浜市)に移る。愛らしい姿を目に焼き付けようと、道内外から約100人が訪れ、最後の別れを惜しんだ。

■お別れ会に100人 27日横浜へ

 コキンは2017年6月に釧路市動物園で誕生。生後50日で母親のキンが急死し、同園の中山悦朗飼育員(47)らが育てた。レッサーパンダ舎前には、来園者らから贈られた花束や「元気でね、ありがとう」などと書かれたカードが飾られた。

 同舎前のお別れ会では、リンゴや竹の葉、ブドウを盛り合わせた特製ケーキが贈られた。

残り:105文字/全文:400文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る