PR
PR

ノロッコ号、湿原巡り30周年 釧路―川湯温泉を記念運行

 【弟子屈】JR北海道の臨時観光列車「くしろ湿原ノロッコ号」が25日、釧網線の釧路―川湯温泉間を1往復した。30周年を迎えたノロッコ号の記念運行で、川湯温泉駅では郷土芸能の大鼓演奏などで乗客を出迎えた。

 ノロッコ号は通常は釧路―塘路間を運行。川湯温泉まで乗り入れるのは2012年秋以来となる。

 釧路を午前11時すぎに出発したノロッコ号は、標茶や摩周などに停車し、午後1時半すぎに川湯温泉に到着。住民が乗客約100人に地元のせんべい菓子などを配ったほか、川湯ばやし保存会のメンバー約20人が勇壮な大鼓演奏を約10分間繰り広げた。

残り:137文字/全文:400文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る