PR
PR

没後150年 土方歳三再現 五稜郭祭でコンテスト

 【函館】箱館戦争で戦死した新選組副長の土方歳三を演じる「土方歳三コンテスト全国大会」が18日、函館市の五稜郭タワーで開かれた。市内や東京、愛知などから23~52歳の男女15人が出場し、迫力のある太刀さばきや情感あふれる演技で約430人の観客を魅了した。

 コンテストは同日開幕した箱館五稜郭祭の名物行事で32回目。土方の没後150年の節目となった。出場者は新政府軍との戦いで銃弾に倒れる場面のシナリオを創作し、2分程度で演じた。

 優勝は初出場の東京都目黒区の専門学校講師三木崇史さん(33)。学校で学生に殺陣を指導している三木さんは「緊張したが、土方の信念を貫き通す姿勢を表現できた」と喜んだ。

残り:95文字/全文:392文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る