PR
PR

福島・小名浜港でカツオ初水揚げ 初夏の味覚の到来

 東日本大震災の津波で大きな被害が出た福島県いわき市の小名浜港に16日、今シーズン初めてカツオが水揚げされた。初夏の味覚の到来に、港は漁業関係者の活気に包まれた。

 同市の巻き網漁船3隻が15日昼、同港の東約250キロの沖合でカツオ約2・5トンを取り、巻き網運搬船第33寿和丸が16日早朝に小名浜港に水揚げした。重さ2キロ前後の中・小型が中心で、1キロ当たり150~550円で取引された。ほぼ例年並みの価格だという。

 いわき市水産課によると、震災前、同市のカツオの水揚げは全国有数だったが、近年は風評被害などの影響で震災前の1割程度にとどまっている。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る