PR
PR

四島の帰属削除「丁寧に説明」 外交青書で官房長官

[PR]

 菅義偉官房長官は15日の記者会見で、2019年版外交青書で「北方四島は日本に帰属する」との表現が削除されたことを巡り、自民党内で批判が相次いだことに関し「さまざまな関係者に丁寧に説明していきたい」と述べ、理解を求めた。

 菅氏は「北方四島に対する政府の法的立場は変わりない」と説明。表現削除について「外交青書は該当する年度のわが国の外交活動を総合的に勘案して作成しており、あらゆる内容について記載しているわけではない」と釈明した。

残り:158文字/全文:373文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る