PR
PR

人骨3体分の標本見つかる 1体は子どもか 札幌市立大

[PR]

 札幌市中央区の札幌市立大桑園キャンパスで2014年に、胎児か新生児の1体を含む身元不明の人骨3体分の標本が見つかっていたことが15日、わかった。いずれも1965年ごろ死亡したとみられ、死因は不明。同市は今年3月に火葬し、遺骨を市内の霊園で保管している。

 1体は性別不詳の胎児か新生児で、他の2体は30~40代の男性と40~50代の男性と推定される。14年6月、同大職員が看護学部などがある管理・実習棟の模型展示室を整理していた際、段ボール箱2箱と木箱1箱に分かれて戸棚に収納されているのを発見した。全身の骨があり、一部は針金で結束されるなどしていた。遺留品はなく、木箱に手書きで同大の前身の「高等看護学院」と記されていた。

 同大が過去の記録を調べ、関係者に聞き取りをしたが、保管の経緯などはわからず、今年2月、道警に引き渡した。その後、身元引受人のない死体として市が火葬した。同大によると、授業などで人骨の標本を使用した例があるかは確認できなかった。(本郷由美子)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る