PR
PR

木彫り熊100点 八雲PR 大きさ、技法多彩 「魅力広めたい」 駅前喫茶店

 【八雲】JR八雲駅前のカラオケ喫茶店「ホーラク」(本町)に、八雲発祥の木彫り熊作品が100点以上並び、八雲の玄関口を降り立つ人たちが特産品の魅力に触れる場となっている。1個ずつ手作りしたミニ木彫り熊のキーホルダー(千円)なども観光客を中心に人気を集めている。

 ホーラクには、地元の木彫り熊作家として知られる柴崎重行や引間二郎などの作品から、木彫り熊講座で学んだ町民作品まで所狭しと陳列棚に置かれている。

 木彫り熊はかつて、結婚、新築などの祝い事用に贈られ、八雲の各家庭にあった。しかし、時代とともに物置に眠ったり、捨てられたりしそうになった。こうした多くの作品を八雲出身で愛好家の山戸広史店長(60)が町民から譲り受けた。「八雲発祥の木彫り熊の価値を広く伝えたい」という山戸さんの思いも込められている。

 作品は、顔の表情まで写実的に表現する「毛彫り」や、手斧(ておの)を使って直線的な面で構成する「面彫り」など大小さまざま。山戸さんとの会話や飲食を楽しみながら、木彫り熊の歴史をたどることができる。

残り:250文字/全文:700文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る