PR
PR

札幌のグループホーム7人死亡火災、社長有罪確定へ 最高裁が上告棄却

[PR]

 札幌市北区の認知症グループホーム「みらい とんでん」で入居者7人が死亡した2010年3月の火災を巡り、業務上過失致死の罪に問われた施設運営会社社長谷口道徳(みちのり)被告(61)の上告審で、最高裁第1小法廷(山口厚裁判長)は被告の上告を棄却する決定をした。13日付。無罪とした一審札幌地裁判決を破棄し、禁錮2年、執行猶予4年を言い渡した二審札幌高裁判決が確定する。

 一審札幌地裁は16年10月、「(過失の前提となる)出火原因の特定は困難」と指摘。被告が火災の発生を予測できたかどうかの予見可能性については判断せず、無罪とした。

 これに対し二審札幌高裁は17年7月、火災当日の夜勤職員の証言や消防の調査結果から、居間で寝起きし火災で死亡した男性入居者=当時(89)=が「寝間着か近くの洗濯物、またはその両方を居間のストーブの上に置いた」ことを出火原因と認定。被告について「男性入居者がストーブの上に可燃物を置くなどの行動に出る可能性を予測できた。被告は施設運営者として安全なストーブに交換するなどの対策を怠った」と結論付けた。

残り:145文字/全文:608文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る