PR
PR

春ダイコンみずみずしく 比布で収穫始まる

 【比布】上川管内比布町で、ビニールハウス栽培の春ダイコンの収穫が15日、始まった。農家では、みずみずしく甘みのあるダイコンをずらりと並べて箱詰めし、次々と出荷している。作業は今月末まで。

 同町の菅原勝美さん(53)方では25棟のハウスで、パートら12人が同日午前7時半ごろから作業を始めた。手際よく引き抜き、葉を落とした後、水分が抜けないよう日光を遮った作業場で丁寧に洗い、箱詰めした。1日1万本を収穫する。

 品種は2月末~3月中旬に種まきした「春将軍」。長さ35センチ、太さ10センチ、重さ1キロ以上に育ち、菅原さんは「3月の低温で少し小ぶりだが、みずみずしくやわらかい。ぜひサラダなど生で食べて」と笑顔。旭川や北見、帯広方面などに出荷する。(佐々木麻美)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る