PR
PR

忘れ物…誤って非常停止ボタン ラッシュの地下鉄遅れる 札幌

[PR]

 15日午前7時半ごろ、札幌市白石区の札幌市営地下鉄東西線南郷13丁目駅で、ホームにいた高齢の女性が誤って非常列車停止ボタンを押したため、東西線を走行していた全20本の列車が一時停止した。6分後に運転を再開したが、約2万5千人に影響が出た。

 市交通局によると、非常列車停止ボタンは線路に人が転落した際などの通報に使う。ボタンが押された場合、運転士は列車を緊急停止しなければならない。南郷13丁目駅で降りた女性が前の駅にカバンを忘れたことに気付き、駅員と話すために駅事務室につながる非常用インターホンを使おうとして、すぐ近くにあった列車停止ボタンを押してしまったという。

 市交通局は「忘れ物などの場合は確認したうえでインターホンを使ってほしい」と呼び掛けている。(袖山香織)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る