PR
PR

石炭博物館火災で「鎮火宣言」 夕張市、本館再開急ぐ

 【夕張】夕張市の厚谷司市長は13日、市役所で記者会見し、市石炭博物館の模擬坑道で4月18日に発生した火災の「鎮火宣言」をした。燃焼に伴うガスが検知されておらず、同日、市役所で開かれた有識者会議で専門家の意見を聞いて鎮火と判断した。被害がなかった博物館本館の営業については、時期は未定だが、できるだけ早い再開を目指す方針だ。

 厚谷市長は「一酸化炭素や可燃性ガスの計測値が5月1日以降ゼロとなり、坑道を視察した有識者から『鎮火したとみられる』との助言も得られた」と判断した理由を述べた。10連休中に営業できなかったことには「非常に残念。再開に向け、できることに取り組みたい」と強調した。

残り:259文字/全文:551文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る