PR
PR

「10年に一度」巨大オヒョウ 白老沖で水揚げ

 室蘭市公設地方卸売市場で13日、体長1・7メートル、重さ86キロの巨大オヒョウが競りにかけられた。12日に胆振管内白老町沖で漁獲されたもので「10年に一度の大物」と競り人を驚かせた。

 オヒョウはカレイ科の大型魚。競りでは、同町のマルカン本間水産が1キロ300円で落札した。帯広へ運び、14日中に販売先を決める。刺し身にすると、約800人前になるという。

 刺し網にかかり、漁師4人で引き上げた。その中の1人、白老町の佐々木秀康さん(15)は4月から船に乗り始めたばかり。「このオヒョウよりも大物を釣れる漁師になってやる」と背比べ。=室 蘭=

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る