PR
PR

羽幌でハトレース 3772羽、千キロ先の関東へ

 【羽幌】国内最大規模のハトレース、第56回東日本チャンピオンレース(日本鳩レース協会関東地方部主催)が11日、留萌管内羽幌町をスタート地点に行われた。827鳩舎(きゅう しゃ)の3772羽が参戦。約千キロ離れた関東地方の各鳩舎を目指し、一斉に飛び立った。

 午前5時20分、日本海オロロンラインを望む高台の農道に大型トラック3台が並び、「放鳩(ほう きゅう)!」の合図と同時にコンテナが開放されるとハトの大群が「バタバタバタ…」と大きな羽音を立て青空に吸い込まれるように南方へ飛んでいった。

残り:104文字/全文:349文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る