PR
PR

【道スポ】中田、同点の8号ソロ 「勝つためだけにやっている」 6戦ぶり2桁安打

 貧打解消を告げる号砲だった。中田が1点を追う四回2死から多和田の外寄り146キロ直球を振り抜き、左中間へ8号同点ソロ。「うまく体が反応して打てた」と振り返る6試合ぶりの一発で、直近2試合で1点ずつしか取れていなかった打線を活発化させた。

 8日は3安打、9日は5安打と精彩を欠き、1点ずつしか取れていなかった。投手陣が好投していただけに、得点力不足がクローズアップされた。

 中田は相手投手に対処しようと、必死に取り組むチームメートの姿を見ているからこそ、納得できなかった。「周囲は好き勝手に言いたがるけど、気にしない。僕らは勝つためだけにやっている」とキッパリ。不名誉な指摘や表現は、自らと仲間のバットで振り払ってみせた。

 開幕から全試合に先発出場し、チームをけん引している。体調は、決して万全ではない。9日のオリックス戦では全体練習を回避し、治療や休息に充てるなど工夫して体調を整えた。この日は、まず試運転のティー打撃を行い、スイングの動作で体に支障がないことを確認。笑顔を見せながら全体練習に参加していた。

 6試合ぶり2桁となる11安打で7得点。「みんな、打って点を取ってくれたし、コンちゃん(近藤)の追加点も大きかった。投手は楽になったんじゃないかな」。4番にとってもチームにとっても、大きな価値が詰まった白星になった。(榎本真之)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る