PR
PR

JR定期3割超値上げも 札幌―新札幌、新琴似 10月運賃改定

 JR北海道が10月の消費税率引き上げに合わせて行う運賃改定で、札幌圏で通勤、通学定期の値上げ率が3割超に及ぶ区間があることが8日、分かった。近距離区間の普通運賃の値上げ率を高く設定したためで、区間によっては月2千円超の値上げになる。JRは札幌市営地下鉄より定期の割引率を高く設定しており、月額はなお地下鉄より安い水準を維持する。

 現時点で判明している3割超の値上げ区間は、札幌―新札幌と札幌―新琴似。

 札幌―新札幌は1カ月の通勤定期が8390円から1万980円、高校生の通学定期が5720円から7490円と、値上げ率はいずれも30・9%。同区間の地下鉄(さっぽろ―新さっぽろ)は現在、通勤が1万3390円、通学7650円だ。

 札幌―新琴似は通勤が7330円から9580円、高校生の通学が4770円から6230円になる。

残り:357文字/全文:717文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る