PR
PR

チューリップ彩り鮮やか 木古内・サラキ岬広場

 【木古内】幕末の軍艦、咸臨丸(かんりんまる)が沈んだ町亀川のサラキ岬広場で、「チューリップフェア」(実行委主催)が開かれている。60種5万本が咲き、訪れた観光客の目を楽しませている。

 咸臨丸が製造されたオランダの国花にちなみ、町民有志が球根を毎年植えている。フェアは1~6日で、地場産グルメのほかチューリップを販売。3~5日には、この会場を含む町内5カ所を巡るスタンプラリーも開催する。

残り:107文字/全文:301文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る