PR
PR

安倍首相、イタリアで和食PR 「ファン増えることを祈念」

 【ローマ共同】安倍晋三首相は23日夜(日本時間24日未明)、イタリア・ローマで開かれた日本政府主催の日本食レセプションに昭恵夫人と共に出席した。和牛やブリ、日本酒などが振る舞われ、首相は「心ゆくまで堪能してほしい。イタリアで日本食ファンがますます増えることを心より祈念する」とPRした。

 日本と欧州連合(EU)との間では2月に経済連携協定(EPA)が発効し、日本政府は農林水産物や食品の輸出に力を入れている。首相は「日本食が一層身近なものになっていくことを大いに期待する」と強調した。

 会合にはイタリアのレストラン関係者ら約300人が参加した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る