PR
PR

ジオパーク認定へ課題は 旭川推進団体代表が講演

 旭川市神居古潭峡谷や大雪山系など上川中部地域の日本ジオパーク(地質遺産)認定を目指す市民団体「あさひかわジオパークの会」(和田恵治代表)の本年度総会が20日、旭川市科学館サイパルで開かれた。総会に先立ち和田代表が「本地域ジオパーク構想推進の課題と本会の役割」と題して講演し、認定に向けた課題などを語った。(前田健太)

残り:290文字/全文:449文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る