PR
PR

林檎パイに「剣心の傷」 はこだて柳屋、人気漫画とコラボ

 【函館】製菓業のはこだて柳屋(函館)は、人気漫画「るろうに剣心―明治剣客浪漫譚・北海道編―」とコラボした新商品「ロマネスク函館林檎(りんご)パイ」を20日に発売する。パッケージには主人公のイラストが印刷されており、原作のファンや外国人観光客らの人気を集めそうだ。

 今年で創業70周年を迎える同社は、明治時代に活躍する剣客たちを描く1994年連載開始の「るろうに剣心」が2017年から、函館山や五稜郭などが登場する新シリーズ「北海道編」を連載していることに着目。出版元の集英社(東京)に掛け合い、コラボが実現した。

 「ロマネスク」は30年前から販売されている同社の看板商品。定番の「こしあん」「焼チーズ」に続く3品目として道南の食材を意識し、はこだてわいん(渡島管内七飯町)が製造する「七飯りんごわいん」入りのリンゴあんをパイ生地で包んだ。パイ表面のバツ印は、主人公「緋村剣心(ひむらけんしん)」の左ほほにある傷をイメージしたという。

残り:105文字/全文:522文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る