PR
PR

資格外就労助長で暴力団員に実刑 札幌地裁判決

[PR]

 専門職の在留資格で入国させたベトナム人を工事現場に派遣し資格外の単純労働をさせたとして、入管難民法違反(不法就労助長)の罪に問われた恵庭市の暴力団員、無職米坂栄治被告(47)の判決公判が15日、札幌地裁であり、平手健太郎裁判官は懲役1年、罰金100万円を言い渡した。

 判決理由で平手裁判官は「外国人の適正な管理を害する犯行で悪質性は軽視できない」と指摘。米坂被告は「在留資格に沿った労働をしていると思っていた」として起訴内容を否認していたが、ベトナム人をあっせんした人材派遣会社役員の女とのメールのやりとりなどから「不法就労するという認識があったと強く推認される」として退けた。

残り:107文字/全文:397文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る