PR
PR

園舎持たぬ「森のようちえん」 無償化対象外に疑問の声 「不平等な政策」

 政府が10月から実施予定の「幼児教育・保育の無償化」について、上川管内で自然体験の保育を行う「森のようちえん」関係者が国会の審議の行方を注視している。法案では、野外活動を重視し園舎を持たない「森のようちえん」が無償化の対象外となるためだ。無償化に備え負担覚悟で園舎建設に踏み切る所も出ており、運営者や保護者からは「本来は子育て世帯への支援なのに、施設の形態で区別するのはおかしい」と疑問の声が上がっている。

■負担覚悟で施設建設する園も

 森のようちえんは北欧で始まったとされ、国内では1990年代から広がった。自然の中で子どもを遊ばせながら育てるのが特徴。NPO法人森のようちえん全国ネットワーク連盟(東京)が昨年3月に行った調査によると、恒常的に開設する「森のようちえん」は全国に97カ所あり、約4割が園舎を持たない。上川管内でも3カ所あるうち、2カ所は園舎がない。

 道によると、園舎がない場合、幼稚園や認可保育所はもちろん「認可外保育施設にも該当しない」という。12日に参院本会議で審議入りした子ども・子育て支援法改正案は認可保育所などの利用料を無料とし、認可外保育施設も上限額を設けて補助する内容。「森のようちえん」の中には園舎を持つ認可保育所や認可外保育施設もあり、そうした施設は無償化の対象となる見込みだが、園舎がなく認可外施設にも当たらない所は「法案では対象外」(文部科学省)だ。

残り:490文字/全文:1086文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る