PR
PR

<2020東京>絵文字「金」の原動力に パラ競技23種早わかり 函館出身・池崎選手もPR

 2020年東京パラリンピック開幕まで500日となった13日、大会組織委員会は実施競技を示す23種類の絵文字「ピクトグラム」を発表した。パラアスリートの特徴や躍動感を表したもので、都内のイベントに出席した車いすラグビー日本代表で函館市出身の池崎大輔選手(三菱商事)は「とてもシンプルで分かりやすく、自分の写真を見て作ったよう」と話した。

 五輪と同様、デザイナーの広村正彰さんらのチームが競技団体の意見を参考にしながら制作。車いすラグビーは選手がボールを抱えて疾走する姿、陸上は片脚が義足の選手のスタートを表現した。

 東京大会では22競技が実施されるが、自転車競技のピクトグラムはロードとトラックの2種類に分かれ、計23種類となる。会場内の案内図やチケット、公式ライセンス商品などに使われる。

残り:251文字/全文:596文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る