PR
PR

伐採中の作業員死亡 木の下敷きに 足寄

 【足寄】11日午前11時5分ごろ、十勝管内足寄町上足寄の民有林で、伐採作業をしていた同管内豊頃町旅来の作業員勝又貴治さん(38)が木の下敷きになっているのを同僚が見つけ、110番した。勝又さんは胸などを強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。

 本別署によると、勝又さんは長さ約20メートル、直径約40センチのクルミの木の下敷きになっており、同署は伐採作業中に木が倒れたとみて調べている。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る