PR
PR

<快談・宝談>教会音楽家・音楽伝道者 久米小百合

 「久米小百合」は、1979年にデビュー曲「異邦人~シルクロードのテーマ」の大ヒットを飛ばしたシンガー・ソングライター、久保田早紀の本名だ。クリスチャンとなり、5年で芸能生活に幕を下ろした久米はいま、教会などでキリスト教に根ざした自作曲や賛美歌を歌う日々をおくる。9月には北広島でコンサートを開く。(恵本俊文)

■賛美歌が久保田早紀の原点/いつか旧約聖書「詩篇」を曲に

――「異邦人」の原題は「白い朝」。当時住んでいた東京・八王子の光景をメモした一節から生まれた。自身は「不思議な曲」だという。

 「子供たちが空に向かい」というフレーズだけで、それが詞になるとは思ってなくて。つじつまが合うよう言葉をつなげて、後で曲を付けました。もともとは地味なフォークソングみたいな感じだと思います。「異邦人」と改題したから皆さんのお耳に残ったり、不思議なタイトルだと思われた方もいたのでは。実は聖書にいっぱい出てくる言葉なんです。私をクリスチャンなのかしら、と勘違いされていた方もいらしたようで、音楽好きじゃない方も買ってくださった。垣根を越えて、じゃないんですが、自分の力じゃなく、そういう曲になってしまったのかなと思いますね。

――大ヒットはしたが、心の中に違和感を覚えていた。

 実力もないし。どこに自分の音楽のルーツがあるんだろうと思っていた時、子どものころ好きだったピアノの練習曲「アヴェマリア」や「G線上のアリア」、クリスチャンではないのに通った日曜学校を思い出したんです。音楽をやって楽しいとか、歌って楽しいとか、そういうルーツが賛美歌なのかなと思い、教会に行ってみたいという気になったのは、「異邦人」を歌った翌年の80年ごろ。81年に洗礼を受けました。

■ティッシュみたいに消費されちゃう

――誰かが書いた曲を歌う歌手だったら、今とは違っていたかもしれない。

 仕事は仕事でやって、信仰はプライベートな世界で持っていて、と気持ちの置き場所の整理がつきやすかったと思うんです。ソングライターって、ふだん感じたり思ったり、興味のあることが全部出てくるもの。聖書にはすてきな言葉がいっぱいあります。宗教くさい曲は、日本では敬遠されがちです。そんな思いを抱きながらシンガー・ソングライターですって言うのはうそっぽいなあと思った。世の中の曲にもいい曲がいっぱいあるので、ヒット曲もすごくすてきですが、自分自身がティッシュみたいに消費されちゃうと思ってしまった。

――先輩シンガー小坂忠のアドバイスもあり、84年、久保田早紀の幕を閉じた。結婚し引退。神学校へ通う傍ら教会で歌うようになった。

 音楽伝道とか説教とか、そんな世界があることも知らなくて。歌うことで教会のお役に立てるんだなあっていうのが最初だったんです。ただ、その場でキリスト教について受けた質問に答えられず、いろいろ学びたいと思い、神学校に行きました。ゴスペルやコンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック(CCM)など現代教会音楽については、あまり日本の神学校では授業がなく、東京にできたカーネル神学校に聴講生で入ったり。久米小百合の人生は中途半端にしてはいけないという思いがあったんだと思うんです。

■要望あれば「異邦人」も歌う

――現在は、音楽を通してキリスト教の宣教、福音を伝える仕事に携わる。

 頼んでいただいたところに派遣されるので、来てくださいと言われなければ仕事はありません。演奏せずお話だけの時もあります。どうしてクリスチャンになったか、どうして芸能界をやめたか、から聖書の教えまで語ります、トークライブみたいにやってくださいというところもあり、ご期待に沿えるよう、その教会が望む宣教のスタイルに合わせるようにしています。賛美歌などがほとんどですが、要望があれば「異邦人」を一緒に歌うこともあります。

 
――ビートルズの曲にも、キリスト教を思わせる曲が少なくない。

 4人が信仰深かったわけではないとしても、キリスト教の文化的背景がないとこうならないだろうという曲はたくさんあります。「レット・イット・ビー」に聖母が出てきたり。「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」は曲がりくねった長い道を歌いますが、聖書にもそういう話がいっぱい出てきます。「わたしが道であり、真理であり、命なのです」という言葉があったり。

――商業音楽ではない、やりたい音楽をやる、ゆるぎない覚悟。還暦を迎え、今後やってみたいことは…。

 旧約聖書に「詩篇(しへん)」という150ほどのポエムがあります。それを日本人なりに曲にできたら。聖書からインスパイアされたものだと、詞のネタが多いんです。自分の中に降りてくる、出てくるものって狭くて小さいし、誰かのまねになったり。だから、自分の中で何か作ってやろうとか、いい詞を書いてやろうとか思わないようにしています。


 久米は9月28日(土)午後2時から、北広島の北広島かおり幼稚園ホール(同市高台町1の9)でコンサートを開く。有料だが入場料は未定。問い合わせは北広島福音キリスト教会(電)011・372・1031へ。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る