PR
PR

函館・本町市場 70年ありがとう 閉店惜しむ客続々

 丸井今井函館店に隣接する「本町市場」(函館市本町)が10日、約70年の歴史に幕を下ろした。市民の台所として親しまれた市場の閉店を惜しむ常連客が次々訪れ、店舗の従業員に「最後までありがとう」と声を掛けていた。

 最後まで営業していたのは、岩橋商店(鮮魚・水産物店)、だいうろこ商店(同)、花きた(生花店)、肉の一心(精肉店)、えびこ青果(青果店)の5店舗。いずれも今後、市内各地に移転して営業を継続する。

 このうち4店舗は3月末~4月9日で市場での営業を終えており、10日は最後の1店舗となった岩橋商店に常連客が訪れた。

残り:452文字/全文:711文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る