PR
PR

荻野吟子の映画化 せたなに追い風?

 【せたな】日本初の女医荻野吟子(1851~1913年)が開業した檜山管内せたな町で今春、荻野の映画が撮影される。来春から一部の教科書も荻野を取り上げる予定で、せたなへの関心が高まりそうだ。

 映画は若村麻由美さんが荻野を演じ、社会派の山田火砂子監督がメガホンを取る。一方、日本文教出版(大阪)は、小学4年生の社会科の教科書で「貧しい人でも分け隔てなく診察した」として紹介する。

 荻野に詳しいせたな観光協会の篠塚三喜郎事務局長は「一人一人が花を咲かせる令和の時代にこそ、荻野の弱者救済の志が似合う」。銅像の後ろに見える風力発電の羽根も追い風を送っている?

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る