PR
PR

函館市選管でミス相次ぐ 二重投票や用紙取り違え

[PR]

 【函館】函館市選管は7日、同日投開票の道知事選と道議選の投票所で、期日前投票を既に済ませていた女性に誤って投票用紙を交付するなど、ミスが相次いだことを発表した。

 市選管によると、女性は3月31日に期日前投票を済ませたが、7日に投票所を訪れた際、受付係の市職員が、選挙人名簿にあった期日前投票済みの記載を見落とし投票させた。他の票と区別できないため、市選管は有効票として扱った。

 また、視覚障害者に、知事選の投票で道議選の点字投票用紙を誤って交付。投票後、職員が誤りに気付き、知事選は投票し直せたが、道議選は用紙がなく投票できなかった。さらに、指定外の投票所を訪れた男性と夫婦の計3人に、選挙人名簿との照合を怠って投票用紙を交付し投票させた。

 市選管は「あってはならないことで申し訳ない。職員に意識を徹底させ再発防止に努める」としている。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る