PR
PR

海鮮いなり 盛りつけ挑戦 七飯の道の駅 子どもが職業体験

 【七飯】道の駅なないろ・ななえ内の飲食店「いももちや」による「子どもおしごと体験」が2日、同駅で開かれた。3歳~小学生の6人が、同店新メニューのPOP作りなどに取り組んだほか、名物料理いももちを売り歩いた。

 道の駅の名称にちなみ7種類の魚介類をのせた新メニュー「北海道もりもり海鮮いなり」(1706円)が1日に販売開始したことを記念して開催。いなりずしは、同店で働く前川洋子さん(76)が差し入れで振る舞ったことをきっかけにメニュー化されたもので、地元で作られた油揚げとブランド米「ふっくりんこ」が使われている。

 子供たちは色とりどりのペンを手に海鮮いなりの宣伝に使うPOPを作ったほか、自分たちの手で魚介類を盛りつけた商品を保護者らに振る舞った。

残り:220文字/全文:545文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る