PR
PR

函西高生の成長DVDに 踊りやサブちゃん映像収録 昨冬奮闘「一夜限りのテーマパーク」 準備に奔走する写真も

 昨年12月に「はこだてクリスマスファンタジー」の会場をテーマパークに見立て、函館西高2年(当時)の6人が中心となって開いた「一夜限りのテーマパーク Westランド」のDVDが完成した。当日の会場や、準備に奮闘する生徒たちの様子が収録されている。同校の卒業生として現役生たちを後押ししたイベント実行委の代表山田かおりさん(41)は「高校生が成長していく姿を見てほしい」とPRしている。

 テーマパークは、地域を活性化させる政策案を考える授業をきっかけに「(函館稜北高と統合する前に)現体制の函館西高の最終年度を西部地区から盛り上げたい」などと考えた生徒たちの案を、山田さんが具体化した。昨年の2年生の約7割に当たる83人と、同じく1年生27人の計110人で、来場者たちを喜ばせるプログラムを考える一方、卒業生らの協力を得て「土産」として作った菓子やパン、アクセサリーを販売。収益金で後日、乳児園に贈り物をした。

 DVDは2枚組で、1枚は、市内の映像会社が当日の様子を撮影。集団が突然踊り出すパフォーマンス「フラッシュモブ」や、同校OBの歌手北島三郎さんのビデオメッセージなど、盛りだくさんの映像が40分間収録されている。もう1枚は、山田さんが制作した10分間のスライドショー。昨年10月から準備に奔走する生徒たちの写真が収められた。

残り:237文字/全文:802文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る