PR
PR

運転の夢届け半世紀 函館・梁川交通公園が営業開始

 今年で開園50周年を迎える函館市梁川交通公園が1日、今季の営業を開始した。この日は開園の午前9時から親子連れが次々と入園。子どもたちがエンジン音を響かせながらゴーカートの運転を楽しんでいた。

 梁川交通公園は1969年5月に開園。園内は1周500メートルで片側1車線のゴーカートコースがあり、一般の車道で使われているものと同じ信号機や、「止まれ」や「一方通行」などの道路標識を設置している。自転車や三輪車の無料貸し出しもある。

 母親と遊びに来た昭和小3年の秋山良歩得(ラファエル)くん(8)は「ブレーキとアクセルの加減が難しい」と真剣なまなざしでハンドルを切っていた。

残り:93文字/全文:377文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る