PR
PR

函館バス、自転車も運びます 土日祝日にサイクリングバス運行へ

 【函館】道南で路線バスなどを運行する函館バス(函館)は、6日以降の土日祝日、函館市と檜山管内江差町を結ぶ路線で自転車10台をそのまま載せられる「サイクリングバス」を運行する。体験型観光として外国人観光客の間で人気が高まっているサイクルツーリズムの拡大が狙い。日本バス協会によると、国内で同様の設備があるバスは「聞いたことがない」という。

 同社の低床車両1台を独自に改造した。車両後方の座席を取り外してスペースを確保。自転車は、車輪止めとワンタッチ式のロープで固定する。JRや従来のバスのように、自転車を解体しなくても済むのが特徴。高価なロードバイクが破損するのを防ぐため、車体を保護するクッションも貸し出す。座席は12席で、定員62人。

 JR新函館北斗駅も経由する函館駅前―江差ターミナル間を2時間半で結ぶ路線に、1日5往復のうち2往復で投入する。

残り:193文字/全文:568文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る