PR
PR

体罰申告の生徒名もらす 渡島の中学 教頭が当該教員に

[PR]

 渡島管内の公立中学校で、男性教諭(51)が不適切な指導で減給処分となった事案に関連し、道教委は「体罰がある」と申告した男子生徒の名前を当該の男性教師にもらしたとして、同校の教頭を近く指導する方針を決めた。

 道教委によると、この教頭は、同校が一昨年1月に行った体罰に関するアンケートで「部活動の顧問による体罰がある」と申告した男子生徒の名前を、生徒が入っていた運動部顧問の男性教師に伝えた。

 その後、男性教師は「体罰とはこういうものだ」と言って、申告した男子生徒を床に寝かせて数回蹴るふりをした。また、ほかの生徒もいる場で、この男子生徒を責めるような発言をした。男子生徒はその後、不登校となり、別の中学に転校した。

残り:174文字/全文:481文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る