PR
PR

木古内駅前にホテル開業

 【木古内】JR木古内駅前の本町地区で建設中だった「ホテルクラッセイン木古内」が完成し、竣工(しゅんこう)式と祝賀会が28日、同ホテルで開かれた。

 関係者約40人が出席。神事の後、同ホテルを所有する「木古内ホテル企画」の北島孝雄社長ら12人が玄関前でテープカットした。祝賀会では、北島社長が「(同じ駅前にある)道の駅『みそぎの郷きこない』とコラボしながら、この地域(の魅力)を発信していきたい」とあいさつし、今後に期待を寄せた。

 ホテルは5階建てで、客室はツインやダブルなど計44室。1階に大浴場を備える。

残り:100文字/全文:353文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る