PR
PR

新北本連系線を運転開始 1.5倍90万キロワット 北電、緊急時送電を強化

 【北斗】北海道と本州間で電力を融通する送電線として、北海道電力が整備してきた新北本連系線(全長122キロ、容量30万キロワット)が28日、運転を開始した。送電容量は従来の1・5倍の90万キロワットに増強した。昨年9月の胆振東部地震による全域停電(ブラックアウト)で課題となった緊急時の本州からの電力供給強化につなげる。

 新連系線は、本州からの直流の電気を交流に変換するのに外部電源が不要な自励(じ れい)式と呼ばれる国内初の設備で、全域停電からの電力回復が可能となる。北斗市と青森県今別町の設備を青函トンネル経由で結び、北電が約600億円を投じて2014年から整備してきた。

 これまでの連系線は、下北半島と渡島管内七飯町を津軽海峡の海底ケーブルで結び、容量は60万キロワット。電気の変換に外部電源が必要なため、全域停電時に作動せず復旧遅れの要因になった。

残り:209文字/全文:587文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る