PR
PR

氷雪の門、修復着々 昨年落雷で破損 月内完了の予定

 【稚内】市は、昨年10月の落雷で一部破損していた稚内公園内の記念碑「氷雪の門」の修復を進めている。工事は3月末までに完了する予定。市都市整備課は「以前と変わらない姿を目指したい」と話している。

 氷雪の門は戦時中の樺太で亡くなった人たちを慰霊しようと1963年に設置。高さ8メートルの2本の塔と彫刻からなる。昨年の落雷で、向かって左側の塔の先端部分を覆う御影石が剥げ落ちていたが、ほぼ同じ材質の50センチ~1メートル四方の石5枚を調達できたという。

残り:91文字/全文:315文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る