PR
PR

ばんえい販売、過去最高244億円 ネット販売増加

 【帯広】帯広市が帯広競馬場で主催するばんえい競馬の2018年度の全日程が24日、終了した。馬券販売額は前年度比11・1%増の244億2919万円。市単独開催となった07年度以降の最高だった17年度を約24億円上回った。

 開催日数は胆振東部地震の影響で前年度より2日少ない148日間。馬券販売額は、南関東4地方競馬場のネット販売システム「SPAT4」での売り上げが同21・3%増となるなど、インターネットによる販売が全体を押し上げた。

 帯広競馬場の入場者数は同2・8%増の28万9457人。市単独開催以降、最多だった15年度を約6500人上回った。

残り:175文字/全文:449文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る