PR
PR

横須賀から函館に元気を 市民団体がカレー販売、復興支援 箱館戦争で戦死、中島三郎助の出身地

 箱館戦争で戦死した旧幕府軍の中島三郎助の出身地、神奈川県横須賀市の市民団体「中島三郎助と遊ぶ会」が23日、函館市中島町の中島れんばいふれあいセンターで、胆振東部地震の復興を支援するチャリティーイベントを開いた。

 三郎助は、現在の横須賀市内の浦賀に来航した米海軍のペリー提督と交渉に臨んだ浦賀奉行所の与力。旧幕府軍の一員として箱館戦争を戦い、長男、次男と共に現在の中島町付近で戦死しており、地名の由来にもなっている。

 遊ぶ会は毎年5月、中島町で行われる箱館戦争の戦没者を悼む碑前祭に参加している。今回は、これに先立って「胆振東部地震の影響を受けた函館を元気づけよう」と、中島町商店街振興組合と共に企画した。

残り:186文字/全文:489文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る