PR
PR

「動画サイト利用料」350万円被害 白老の男性

[PR]

 【苫小牧】胆振管内白老町の50代男性が22日、動画サイトの利用料として約350万円をだまし取られたと苫小牧署に届け出た。同署は特殊詐欺事件とみて調べている。

 同署によると、男性は2月下旬、スマートフォンで動画サイトを閲覧していると画面に「登録完了」と表示された。誤って登録したと思い、サイトの連絡先に電話したところ、債権回収業者を名乗る男から「料金が未納になっている」と言われ、未納分のコンビニエンスストアのギフトカードを購入し、指定の東京の住所に送るよう指示された。

 カードを送ると、別のサイトの債権回収業者を名乗る男から同様の電話があり、これが計8回繰り返され、カード送付は約350万円分に上ったという。

 過大な利用額を不審に思った男性が同署に相談し、発覚した。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る