PR
PR

雪崩事故防止へ防災科技研と協定  倶知安、ニセコ町

[PR]

 【倶知安、ニセコ】後志管内倶知安町、同管内ニセコ町と国立研究開発法人防災科学技術研究所(茨城県)は22日、雪崩事故防止に向けた連携協定をニセコ町内で締結した。同研究所が自治体と雪崩事故防止に関する協定を結ぶのは全国で初めて。

 協定は雪崩に関する情報を3者で共有するなど包括的に連携する内容。期間は2023年3月末まで。

 同研究所は現在、ニセコ地域のスキー場など3カ所に風速計を設置。データはニセコ町のニセコ雪崩調査所(新谷暁生所長)に提供され、雪崩予測に役立てられている。同研究所は近く風速計を計6カ所に増やす計画で、予測精度の向上が期待できるという。

残り:107文字/全文:384文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る