PR
PR

札幌にマナヅル飛来 絶滅危惧種

 環境省の絶滅危惧種に指定されているマナヅルが、札幌市手稲区の原野に飛来し、日本鳥学会会員でバードウオッチングガイドの渡辺智子さん=札幌市西区=が撮影した。日本野鳥の会札幌支部によると、札幌での観察は1977年に記録をとり始めて以来初めて。

 手稲区在住の公務員坂井正志さん(54)が通勤途中の14日午前6時45分ごろに見つけ、友人の渡辺さんに連絡。渡辺さんが午前9時ごろに撮影した。

残り:250文字/全文:441文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る