PR
PR

札幌もう「積雪なし」 今年最高13.7度

[PR]

 南から暖かい空気が流れ込んだ影響で、道内は19日、広い範囲で4月から5月中旬並みの暖かさとなった。日中の最高気温は帯広市で今年道内で最も高い14・4度を観測。13・7度まで上がった札幌市は雪解けが進み、「積雪なし」を記録した。

 札幌管区気象台によると、最高気温は室蘭市13・9度、十勝管内幕別町13・8度、同管内豊頃町13・7度など。道内173観測地点のうち92地点で10度以上となった。

 札幌市は19日未明に6センチだった積雪が午後1時10分ごろ、積雪なしになった。この後まとまった雪が降らなければ、19日が根雪の終日となり、1961年の統計開始以来4番目の早さ。平年より15日早く、3月中旬に根雪が終わるのは90年以来29年ぶりとなる。

残り:76文字/全文:397文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る