PR
PR

排水点検勧誘、消費者の苦情報告怠る 道が事業者名を公表

[PR]

 道は19日、胆振東部地震後に排水管点検を勧めた事業者について、道が求めた消費者からの苦情に関する報告に応じなかったとして、道消費生活条例に基づき事業者名を公表した。名称は、札幌市厚別区厚別中央3の4の合同会社鷲田商事(鷲田秀人代表社員)。

 道によると、同社は昨年9月の地震以降、排水管の点検・清掃を勧めるチラシを各地の家庭に投函(とう かん)。札幌市や苫小牧市の消費者から、「工事契約をしたが、契約書を受け取っていない」「事業者を信用できるのか」といった相談が、道立消費生活センターなどに複数寄せられていたという。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る